<img src="home1.gif" alt="ホーム1" />
お助け隊の
仕組み
お助け隊の
施工事例
スレート材から
の葺き替え
瓦屋根からの
葺き替え
 トタン屋根から
の葺き替え
瓦屋根の
葺き替え
葺き直し

屋根材
ガルバリウム
鋼板
ガルバリウム
鋼板
メーカー&製品

アスファルト
シングル
 
 自然石粒
化粧鋼鈑
 ジンカリウム
鋼板とは?
 ルーフィング
について1
 ルーフィング
について
その2
 屋根の断熱
について
 結露について
雨漏りについて
本体部から
雨漏り
について2
雨漏り
について3

 実際の見積
が欲しい
 屋根の構造、
施工方法
工事でやってはいけないこと
見積書の項目
チェックポイント
工事後チェック
屋根診断
 相互リンク
 運営組織
ブログRoof
屋根以外
のことも

<img src="saito_toiawase.jpeg" alt="Nobilis Works_電話0120-58-
工事種目:
 瓦、カラーベスト
 コロニアル、スレート材
 金属材料葺き替
 スレート材系屋根の
 復旧工事
 (美観再生工事)
 ガルバニュウム鋼鈑 
 カバー工法
 雨漏り修理・屋根修理
 屋根塗装
 屋根部防水工事
 外壁防水工事
 外壁工事

瓦の施工不良; 瓦撤去して・軽量のシングルへ・1

  神戸市N様邸、瓦の施工が悪く、下の写真のように、本体平部のかなりの部分で、瓦の重なり部分で隙間が認められます。 その他の箇所も不具合が多く、雨漏りがいつ起こってもおかしくない状況でした特に棟部分の崩れがひどく、通常の劣化とは、言えないと考えます。 お客様は、瓦は諦めて何か軽い材料での葺き替えを希望していました。 スレート、ガルバリウム鋼板、アスファルトシングルでの見積を出しましたが、アスファルトシングルに決定しました。 写真では、屋根の不具合を見ていきます。
写真1; この隙間の開き方から、阪神大震災でのものとは明らかに違います。 
綺麗にそろって同じように開いています。 瓦ののせ方の間違いです。  
 
写真2; 隙間の拡大 写真3; 隙間の拡大 
 
写真4; これでは、板金と瓦との間から雨が容易に入り込んでしまいます。 コーキングも施した
形跡もありませんでした 
写真5; 冠瓦は、熨斗瓦を隠すように施工し雨が漏れないよう固定するものです。 冠瓦ののせ方が悪いです。 
 
写真6;下り棟と板金のジョイント部分  写真6;熨斗瓦の崩れ 
 
写真7; 拡大写真  写真8;下り棟の破損もおかしな様子ですが
冠瓦の色、熨斗瓦の色が何故か違っています
 
写真9; 熨斗瓦のずれ方もおかしい  写真10; 拡大写真 
続きは>>>
このサイトのトップに戻る
       Nobilis Works 「屋根葺き替えお助け隊」/copy right all reserved