<img src="home1.gif" alt="ホーム1" />
お助け隊の
仕組み
お助け隊の
施工事例
スレート材から
の葺き替え
瓦屋根からの
葺き替え
 トタン屋根から
の葺き替え
瓦屋根の
葺き替え
葺き直し

屋根材
ガルバリウム
鋼板
ガルバリウム
鋼板
メーカー&製品

アスファルト
シングル
 
 自然石粒
化粧鋼鈑
 ジンカリウム
鋼板とは?
 ルーフィング
について1
 ルーフィング
について
その2
 屋根の断熱
について
 結露について
雨漏りについて
本体部から
雨漏り
について2
雨漏り
について3

 実際の見積
が欲しい
 屋根の構造、
施工方法
工事でやってはいけないこと
見積書の項目
チェックポイント
工事後チェック
屋根診断
 相互リンク
 運営組織
ブログRoof
屋根以外
のことも

<img src="saito_toiawase.jpeg" alt="Nobilis Works_電話0120-58-
工事種目:
 瓦、カラーベスト
 コロニアル、スレート材
 金属材料葺き替
 スレート材系屋根の
 復旧工事
 (美観再生工事)
 ガルバニュウム鋼鈑 
 カバー工法
 雨漏り修理・屋根修理
 屋根塗装
 屋根部防水工事
 外壁防水工事
 外壁工事

東京杉並区 コロニアルをガルバへ葺き替え

築25年、スレート(コロニアル)材葺きの棟部分が台風で破損、飛ばされた屋根の修理と、再生工事
また、ところどころ屋根材も割れて、苔、黒カビで汚れていて、相当傷んでいるので、火災保険も申請をしましたが僅かの保険金しか下りませんでした。 再塗装をても寿命は延びないし、築25年は、スレート材のおおよその寿命だったので、ガルバリウムへの葺き替えになりました。工事面積約160u。
工事前の棟の破損、本体の傷み具合写真1 工事後、ガルバリウム鋼板への葺き替え
コロニアル本体(平部)も相当に傷んでいますが棟部分(写真中央)が上の板金(棟包)が疾風で飛ばされています。これは、板金を止めている木材が、ご覧のように朽ちているためです。

雨樋も交換です。
見にくいですが、角形の雨樋を施工してありました
また、他の棟部分では、釘が浮いていて、板金が外れそうです。コロニアル材料もところどころ割れています。リフォームのやり時です施主様の要望により、全体を葺き替えることになったようです。

仮足場を設置後、ルーフィング(防水シート)を張り終えたところです。(緑のシートです)一番上に施工するガルバリウム鋼板がダンボールに入って荷揚げされています。 軒部分の写真
ルーフィングの上にガルバリウム鋼板を施工している。雪止めがわかるでしょうか?
鋼鈑は、下から(軒側)から施工していきます。
(最後に棟部分)

緑色のシートが、防水シート、その上から、ガルバリウム鋼板(茶色)を施工していきます。
スタートは、軒先から、スターターという軒先専用の部品から始めです
雪止めも見えます。

完成の写真です。
屋根工事価格:(葺き替え)
1: スレート材撤去費 ¥1,500/u X 160u = ¥240,000-
2: スレート材(アスベスト含む)処理費        ¥50,000-
3: コンパネ施工(材工供) 今回はなし
4: 防水シート施工(材工供) ¥500/u X 160u = ¥80,000-
5: ガルバリウム鋼板施工費 ¥5,500/u X 160u = ¥880,000-
7: 会社経費 一式                       ¥ 80,000-
   合計 (税抜き合計)                 ¥ 1,330,000−

  コロニアル(旧クボタ社)から(株)チューオーの横暖ルーフ(ガルバリウム鋼板)へのカバー工法での葺き替え工事例です。 工事金額は、合計で ¥1,330,000-(税抜き価格)でした。 屋根面積は約  160u、仮設の足場を組みました。(費用は外壁塗装での支払い)築25年でコロニアルの寿命ではありましたが、劣化が思いの外進んでいましたので、カバー工法では対応ができませんでしたので、コロニアルを撤去し、ガルバリウム鋼板/現ニチハの横断ルーフ/きわみを施工しました。 今回は下材(コンパネ)を交換し、下地材料(コンパネ)はまだ使える状態でしたので、防水シートを施工した上に横暖ルーフを施工しました。雨樋も後日の施工でした。 横断ルーフ/きわみは、裏にウレタンの断熱材料が入れてあり、多少でも断熱性、防音性能を向上させた屋根材です。 

このサイトのトップに戻る
       Nobilis Works 「屋根葺き替えお助け隊」/copy right all reserved