<img src="home1.gif" alt="ホーム1" />
お助け隊の
仕組み
お助け隊の
施工事例
スレート材から
の葺き替え
瓦屋根からの
葺き替え
 トタン屋根から
の葺き替え
瓦屋根の
葺き替え
葺き直し

屋根材
ガルバリウム
鋼板
ガルバリウム
鋼板
メーカー&製品

アスファルト
シングル
 
 自然石粒
化粧鋼鈑
 ジンカリウム
鋼板とは?
 ルーフィング
について1
 ルーフィング
について
その2
 屋根の断熱
について
 結露について
雨漏りについて
本体部から
雨漏り
について2
雨漏り
について3

 実際の見積
が欲しい
 屋根の構造、
施工方法
工事でやってはいけないこと
見積書の項目
チェックポイント
工事後チェック
屋根診断
 相互リンク
 運営組織
ブログRoof
屋根以外
のことも

<img src="saito_toiawase.jpeg" alt="Nobilis Works_電話0120-58-
工事種目:
 瓦、カラーベスト
 コロニアル、スレート材
 金属材料葺き替
 スレート材系屋根の
 復旧工事
 (美観再生工事)
 ガルバニュウム鋼鈑 
 カバー工法
 雨漏り修理・屋根修理
 屋根塗装
 屋根部防水工事
 外壁防水工事
 外壁工事

東京都葛飾区 アスベスト瓦・棟部分修理例

築20年、スレート屋根をガルバリウム鋼板への葺き替え工事
築20年で比較的新しい屋根ですが、棟板金
スレート本体もカビ、苔が繁殖して、美観が
かなり損なわれていました。
ガルバリウム鋼板の少しだけ瓦調のものを
施工、横葺きに対して重厚な感じに仕上がります
 築20年ですと、そろそろ葺き替えを考えるころです。 雨漏りはまだ起きていないようでした。
実際、雨はスレートが主に受けて部屋の中への侵入を防いでいますが、このスレート材、仕上げ材の
隙間から入ってくる雨を完全に防水しているのは、防水材、ルーフィングというものです。
 これの耐用年数が、20年(勿論30年保つ家屋もあります)程度で、そろそろ防水材の交換時期では
あります。 苔、カビがひどい場合は、雨漏りはこれの理由で起きませんが、美観の観点から、葺き替
えを希望するお客様もいらっしゃいます。 今回はそんなお客様でした。 
 スレート材料は、薄型化粧スレートと言って、スレートというのは、元は天然の石を薄くスライスして
屋根材に加工したものを、スレートと言っていましたが、セメント瓦が製造され、これが重いので、それ
を支える家の躯体が、コストがかかる、なるべく屋根を軽くして、躯体のコストを下げたいという住宅供
給側の都合と思いますが、より軽く薄い堅牢な材料として、開発されたのが、アスベストをセメントで高
圧縮した材料で、人工のスレートということで、薄型化粧スレートだったのですが、天然のスレートより
当然広まって、スレート、スレートと言われたので、こちらがスレートとなり、天然のスレートは、天然ス
レートと名前が変化したものです。 でっすので、今では、スレートというとこのセメントでできたものを
指します。 しかし、これもアスベストが全面禁止になって、アスベストが使えないので、より軽いガルバ
リウム鋼板へ以降しています。 現在アスベストを使わないスレートは、ケミュー(クボタと松下の合併
会社)という製造会社が、開発、製造していますが、アスベストより堅牢で長寿命の材料の開発には至
っていないのが現状で、さらなる開発が待たれます。 スレートについては、ブログのほうでまた後ほど
述べたいと思います。

このサイトのトップに戻る
       Nobilis Works 「屋根葺き替えお助け隊」/copy right all reserved