<img src="home1.gif" alt="ホーム1" />
お助け隊の
仕組み
お助け隊の
施工事例
スレート材から
の葺き替え
瓦屋根からの
葺き替え
 トタン屋根から
の葺き替え
瓦屋根の
葺き替え
葺き直し

屋根材
ガルバリウム
鋼板
ガルバリウム
鋼板
メーカー&製品

アスファルト
シングル
 
 自然石粒
化粧鋼鈑
 ジンカリウム
鋼板とは?
 ルーフィング
について1
 ルーフィング
について
その2
 屋根の断熱
について
 結露について
雨漏りについて
本体部から
雨漏り
について2
雨漏り
について3

 実際の見積
が欲しい
 屋根の構造、
施工方法
工事でやってはいけないこと
見積書の項目
チェックポイント
工事後チェック
屋根診断
 相互リンク
 運営組織
ブログRoof
屋根以外
のことも

<img src="saito_toiawase.jpeg" alt="Nobilis Works_電話0120-58-
工事種目:
 瓦、カラーベスト
 コロニアル、スレート材
 金属材料葺き替
 スレート材系屋根の
 復旧工事
 (美観再生工事)
 ガルバニュウム鋼鈑 
 カバー工法
 雨漏り修理・屋根修理
 屋根塗装
 屋根部防水工事
 外壁防水工事
 外壁工事

棟(むね)瓦部分の修理「漆喰(しっくい)補充工事」

10年間雨や風雪にさらされ続ける為、陶器質でない棟漆喰部分(表皮)は、大概剥がれて
しまっている場合が多く、漏水・棟部沈下等の原因になります。漆喰剥がれが起きている場合は、完全に漆喰を剥がし葺き土の表皮までを取り除き、改めて南蛮漆喰にて補充・補強すると有効です。
屋根の棟(むね)の部分です。 一番上半円形の棟瓦(むねかわら)、その下4段重ねの平瓦(ひらかわ
ら)、その下に茶色く見えているのが、葺き土で、漆喰を剥がして葺き土が露出しています。 葺き土は、
ほぼ無傷なので、この上から漆喰を施工します。

写真左の棟(むね)は、一番頂上の棟、右側は
下がり
棟です。 平瓦(ひらがわら)の下、黒いものが、南蛮漆喰と呼ばれるもので、これを補強・充填したところです。 漆喰は、白色だけではありません。
完成です。 
写真は、頂上から下がり棟の部分をみたところです
漆喰は、10年ぐらい経つと、劣化し剥がれてきます。 ですからこの周期で、メンテをしないと雨漏りの
原因になり
”屋根”の耐用年数が長くなりません。 瓦自体は全く問題ありません。

このサイトのトップに戻る
       Nobilis Works 「屋根葺き替えお助け隊」/copy right all reserved