<img src="home1.gif" alt="ホーム1" />
お助け隊の
仕組み
お助け隊の
施工事例
スレート材から
の葺き替え
瓦屋根からの
葺き替え
 トタン屋根から
の葺き替え
瓦屋根の
葺き替え
葺き直し

屋根材
ガルバリウム
鋼板
ガルバリウム
鋼板
メーカー&製品

アスファルト
シングル
 
 自然石粒
化粧鋼鈑
 ジンカリウム
鋼板とは?
 ルーフィング
について1
 ルーフィング
について
その2
 屋根の断熱
について
 結露について
雨漏りについて
本体部から
雨漏り
について2
雨漏り
について3

 実際の見積
が欲しい
 屋根の構造、
施工方法
工事でやってはいけないこと
見積書の項目
チェックポイント
工事後チェック
屋根診断
 相互リンク
 運営組織
ブログRoof
屋根以外
のことも

<img src="saito_toiawase.jpeg" alt="Nobilis Works_電話0120-58-
工事種目:
 瓦、カラーベスト
 コロニアル、スレート材
 金属材料葺き替
 スレート材系屋根の
 復旧工事
 (美観再生工事)
 ガルバニュウム鋼鈑 
 カバー工法
 雨漏り修理・屋根修理
 屋根塗装
 屋根部防水工事
 外壁防水工事
 外壁工事
スレート材クリーニング後、塗装
東京都世田谷区、アパートのスレート材屋根の棟修理と、本体の再塗装です。 築年数10年。
そんなに年数は経っていないのですが、棟部分は、釘が浮き、一部が風で剥がれていました。 棟部分は、下材(木の角材)を施工し直し、棟板金も全て新調いたしました。 本体は、施主さんが大分悩まれましたが、見栄えが大事とのことで、特に屋根の機能的には問題ないのですが、綺麗にして欲しいご希望があったので、経費はかさみましたが、再生工事、再塗装をやりました。 洗浄は通常、高圧洗浄をするのですが、この場合は、ワイヤーブラシにて、丁寧に汚れ、カビ、苔をクリーニング、その後、下塗り1回、上塗り2回の塗装を実施しました。 Picture1が施工前、Picture2が完成の写真です。
工事前_Picture1 工事後_Picture2
工事前の様子  完成した屋根

 
Picture3 Picture4
Picture3、Picture4は、工事まえの様子です。 左写真茶色に変色しているのが、苔で、右の写真の
黒ずんでいるのが、カビです。 右写真の棟部分が浮いているのが分かります。スレート材料の重なり部分は、隙間がありませんので、そり、曲がりは認められません。 この場合、塗装をこの重なり部分にしっかりしてしまうと、重なり部分の隙間を塞いでしまい、スレート材の中に入った雨水が出てこれなくなり、水が滞留して、下地を腐食させる原因になりますので、隙間に薄いスペーサーを入れて隙間を確保します。縁切りと言います。 今回は、スペーサーを入れる間がないので、重なり部分に塗料がのらないように、塗装をする工夫をしました。 こうゆう判断は、屋根屋ならではの力量で、普通の塗装屋さんでは、できない仕事です。(なれて優秀な塗装屋さんはできますが・・・)
矢印
棟部分の下地(木の角材、心材)を施工して、新しい板金の取り付けです。
Picture5
棟部分の完成
Picture6


  本体の清掃、クリーニングです。
ワイヤーブラシで、苔、カビ、汚れを丁寧に落としていきます。
Picture7

クリーニングが終わったところ
Picture8

下塗りをしているところ、
下塗り1回、上塗り2回です。
工事前_ 写真3

下塗りの途中
工事前_ 写真3

完成_Picture1 完成_Picture2
上塗り2回後の完成です。 このあと、希望で遮熱塗料(太陽の紫外線を反射する特殊塗料)
を塗ることもあります。 最近流行りです。

工事請求
価格 
工事価格: 棟のやり直し、苔、清掃、本体再塗装、屋根面積:約207u
1:棟部やり直し ・ ・ ・  \1,2000/m X 24m で \288,000-
2:足場なし ・ ・  ・ \ 0-
3:ワイヤーブラシにてクリニング(苔、カビ汚れ落とし)
   ・ ・ ・ \1,000/u X 207uで \207,000-
4:塗装下塗り(ニッペ) ・ ・ ・ \1,500/u X 207u で \310,000
5:塗装上塗り(2回塗りで) ・ ・ ・ \2,000/u X 207u で \414,000
5: 合計で \ 1,290,000− (税抜き価格)

このサイトのトップに戻る

       Nobilis Works 「屋根葺き替えお助け隊」/copy right all reserved