<img src="home1.gif" alt="ホーム1" />
お助け隊の
仕組み
お助け隊の
施工事例
スレート材から
の葺き替え
瓦屋根からの
葺き替え
 トタン屋根から
の葺き替え
瓦屋根の
葺き替え
葺き直し

屋根材
ガルバリウム
鋼板
ガルバリウム
鋼板
メーカー&製品

アスファルト
シングル
 
 自然石粒
化粧鋼鈑
 ジンカリウム
鋼板とは?
 ルーフィング
について1
 ルーフィング
について
その2
 屋根の断熱
について
 結露について

 実際の見積
が欲しい
 屋根の構造、
施工方法
工事でやってはいけないこと
見積書の項目
チェックポイント
 相互リンク
 運営組織

工事種目:
 瓦、カラーベスト
 コロニアル、スレート材
 金属材料葺き替
 スレート材系屋根の
 復旧工事
 (美観再生工事)
 ガルバニュウム鋼鈑 
 カバー工法
 雨漏り修理・屋根修理
 屋根塗装
 屋根部防水工事
 外壁防水工事
 外壁工事


ガルバリウム鋼板、もっともポピュラーな材料

  スレート材のカバー工法屋根材料として、もっともポピュラー、軽量・堅牢
ガルバリウム鋼板のメーカーと製品については >>> クリック
 

 金属屋根の中でも注目を集めるガルバリウム鋼板

  住宅のデザインが多様化する中、屋根の形状も曲線を用いるなど複雑になってきました。 加工がしやすく建物にマッチした製品が選べると、人気を集めているのが金属屋根です。 金属屋根はカラーバリエーションが豊富で、外壁に合わせてコーディネートが可能。瓦などに比べて軽量なところも大きな魅力で、建物への負担が低くなり耐震性が高まります。 以前はトタン板か銅板しかなかった金属屋根ですが、近年は鉄やステンレス、アルミニウム合金、チタンなどバリエーションが多くなり、表面処理も進化してきました。そのなかでも特に注目を集めているのがガルバリウム鋼板です。

  ガルバリウム鋼板とは?
 

鋼板(鉄の板、厚さ0.3mm)にアルミ55%+亜鉛43.4%+シリコン1.6%の合金にてメッキした鋼鈑です。 この基板を日本では、鉄鋼大手5社が製造しており、ガルバリウム鋼板を屋根材用にこの鋼鈑の上にいろいろ塗装処理したものが多くの屋根材メーカーからでています。 
耐用年数は、25年以上と耐久性も良い材料です。 10年保証のメーカーが多い。

        
 

 ガルバリウム鋼板の長所・短所板

  耐用年数: 20年から25年、10年保証のメーカーが多い
 

金属材料ですので、耐用年数に影響があるのが錆(さび)です。 この錆に対しては、従来の金属材料であるトタンより、3倍から5倍の耐久性があります。 トタンは、3年から5年ぐらいの周期で塗装のやり直しをしなければなりませんが、ガルバリウム鋼板ですと10年から15年ぐらいの周期で済みます。 長い目でみれば、コストが低く抑えられますし、美観上も有利です。


  軽量です。
 

重さは、瓦の9分の1、カラーベストの4分の1の重さ。
100uの屋根の広さとして、各材料の総重量は・・・
     瓦(陶器瓦) 45.5kg/u ・・・ 4,550kg(4.5トン)
     カラーベスト 17.5kg/u ・・・ 1、750kg(1.7トン)
     ガルバリウム鋼板(断熱材なし)
              5.0kg/u ・・・   500kg(0.5トン)
ゆえに屋根に重量の負担がかからず、地震に強いと言われています。


  錆難い材料です
 

従来、普及していたトタンは亜鉛メッキ鋼板ですが、これにアルミニウムを加えてサビに強くしたのがガルバリウム鋼板です。トタンなどに比べ3〜6倍の耐久性を誇ります。その秘密は、メッキ層に55%含まれるアルミニウム。そもそも亜鉛合板は、鉄よりも先に亜鉛が酸化して鉄のサビを防ぐのですが、ガルバリウムは溶け出した亜鉛部分をアルミニウムが「自己修復」します。この作用によって、優れた耐久性や耐熱性を発揮するのです。


  断熱材は、必要です
 

屋根材の厚さは、0.35mmと非常に薄い・軽い材料ですが、金属であるため熱をよく通します。 基本的には、トタンと熱の伝導性という観点からは、同製品です。 これを少しでも軽減する工夫がされています。 まず表面に遮熱塗料で、太陽光線のうち熱源である、遠赤外光、赤外光の波長のみを反射させる特殊なコーティング剤もでていまが、これだけで断熱が完璧にできるとは考えません。 やはり何がしかの断熱を行うべきと思います。 ガルバリウム鋼板の欠点です。


  防音について(雨音)
 

トタン屋根で、雨音がうるさいという話は良く聞くことです。 雨音と言うとガルバリウム鋼板も金属材料なので、トタンと同じです。 現在のスレート材で気になるようでしたら、ガルバリウム鋼板に葺き替えたるときに、何か対策が必要です。


 

断熱性や遮音性を高める製品も登場
また、ガルバリウム鋼板は、低価格で加工が容易、さまざまな屋根形状に対応します。最近は、ガルバリウム鋼板の表面にポリエステル樹脂やフッ素樹脂を焼付け塗装して、サビや紫外線、酸性雨に強い製品も開発されています。さらに、断熱材を裏打ちして断熱性や遮音性を高めている製品もあります。ただ、耐久性に優れているとはいえ、加工した切り口は鉄部が剥き出しのため、放置するとサビることもあります。サビが目立つ前に補修しておくことが長持ちの秘訣といえるでしょう。


  結露の問題 ・ ・ ・ コンパネの寿命を縮ないように
 

冬、部屋を暖房します。 料理をします。 お風呂に入ります。 とその部屋の暖気と湿気は、天井に上って、天井裏、小屋裏に行きます。 一方屋根には、防水シートがあって水分の出入りをシャットアウトしています。 すると湿気+暖気の空気は、逃げるところがないと冷えた屋根材からの冷気と出会って、コンパネと防水シートの間に水滴を形成してしまいます。 コンパネは木材ですから水分を吸収してしまいます。 これが結露です。 この結露を逃がす方法がないとコンパネが腐食していきます。 非常に怖い現象です。 この結露を防ぐのが、屋根断熱か天井断熱です。

屋根断熱: 屋根からの冷気(と暖気)を小屋裏(天井裏)に伝えない方法です。 
        具体的には、屋根に断熱シートを張る、断熱材付の屋根材を
        使うなどがあります。

天井断熱: 部屋の暖気(と冷気:夏のエアコンの冷気)を部屋から天井裏に
        伝えないようにするのが天井断熱です。天井裏に断熱材を施工します。

本当は、断熱材を家のまわりをぐるっと全部施工するのが望ましいのですが、このHPは、屋根のことを述べるページですので、屋根からの断熱について述べたます。 天井断熱が断然有利です。また天井断熱の素材を選べば、結露は防げますし、部屋の夏は冷気・冬な暖気を屋根から逃がすのをかなり防いでくれます。 この断熱材はセルロースファイバーがベストです。  


  カバー工法で使用するメリット
 

カラーベストやコロニアルなどスレート系の材料から、ガルバリウム鋼板に葺き替える際、現在の屋根材を撤去する費用が節約できます。 瓦でも、トタンでも同じですが、既存の屋根材をめくる、撤去する費用というものが発生します。 スレートですと、平米あたり¥1500から¥2000ぐらいでしょうか、屋根材は、産業またこの残材の処理費用もかかります。 屋根材の処理は、1トンあたり1万円から3万円ぐらいですが、スレート材の場合、アスベスト(石綿)が含まれて2004年10月以前のスレート材にはアスベストが入っていますので、この処理には、特別産業廃棄物として処理しなければなりません。100uの屋根で、約1.7トンですから2万円近くかかることになりまが、これより割高にります。 また、ご近所にもアスベストが飛散しないよう、迷惑をかけないよう工事中の養生を実施しなければなりません。 アスベストの問題を家の解体まで先延ばしすることになりますが、屋根の葺き替え時には、とりあえず心配しないで済みます。


 
このサイトのトップに戻る
 

     Nobilis Works 「屋根葺き替えお助け隊」/copy right all reserved