<img src="home1.gif" alt="ホーム1" />
お助け隊の
仕組み
お助け隊の
施工事例
スレート材から
の葺き替え
瓦屋根からの
葺き替え
 トタン屋根から
の葺き替え
瓦屋根の
葺き替え
葺き直し

屋根材
ガルバリウム
鋼板
ガルバリウム
鋼板
メーカー&製品

アスファルト
シングル
 
 自然石粒
化粧鋼鈑
 ジンカリウム
鋼板とは?
 ルーフィング
について1
 ルーフィング
について
その2
 屋根の断熱
について
 結露について
雨漏りについて
本体部から
雨漏り
について2
雨漏り
について3

 実際の見積
が欲しい
 屋根の構造、
施工方法
工事でやってはいけないこと
見積書の項目
チェックポイント
工事後チェック
屋根診断
 相互リンク
 運営組織
ブログRoof
屋根以外
のことも

工事種目:
 瓦、カラーベスト
 コロニアル、スレート材
 金属材料葺き替
 スレート材系屋根の
 復旧工事
 (美観再生工事)
 ガルバニュウム鋼鈑 
 カバー工法
 雨漏り修理・屋根修理
 屋根塗装
 屋根部防水工事
 外壁防水工事
 外壁工事


ジンカリウム鋼板

Zincaliume Protective Steel

 屋根の葺き替え;軽量で耐用年数の長い(30保証)のジンカリウム鋼板
 

 ● ジンカリウム鋼板とは? 自然石粒化粧鋼板とは?

   金属系の屋根材で最もポピュラーなガルバリウム鋼板は、良く知られています。 
更に耐用年数の長い金属屋根材が、ジンカリウム鋼板です。 ジンカリウム鋼板の上に
石粒をアクリルなどでコーティングした屋根材を自然石粒付鋼板(自然石粒化粧鋼板)と
言ったりこの屋根材をジンカリウム鋼板と言ったりしていますが、正確には、別ものです。 
 組成をガルバリウム鋼板とジンカリウム鋼板を比較します
 
   ガルバリウム鋼板のメッキ層の組成;
   アルミ;55.0%、 亜鉛;43.4%、 シリコン;1.6% の割合です。
 ジンカリウム鋼板のメッキ層の組成;
   アルミ;55.0%、 亜鉛;43.5%、 シリコン;1.5% の割合です。
   ガルバリウムとジンカリウムのメッキ層の違いは、僅か0.1% 亜鉛とシリコンの比率が違います
 
   しかし、この僅かな組成の違いですが、耐用年数、耐環境の性能は、大きく違います。  
 

 自然石粒付鋼板で使われているジンカリウム鋼板の優位性

  Galva vs Jincalium comapre with lifetime  
 

 金属板などの腐食、耐久性の試験方法について

   上図、ジンカリウム鋼板は、米国BHP社とベツレヘムスチールとの共同開発製品です。 その鋼板の腐食、耐久性の試験は、どのような試験を実行したのか記述がありませんが、日本では複合サイクル環境試験方法が一般的です。 環境促進試験です。 ここで言いたいのは、ジンカリウム鋼板が、ガルバリウム鋼板より数段耐環境性において、商売上この製品の優位なことを言いたかったのです。 ではこの促進試験方法(複合サイクル環境試験方法)とは何をするのか??  
  ●環境試験機器、複合サイクル試験方法
 A:塩水噴霧(35度の温度で、5%の食塩水(海水は3.5%)連続2時間
 B:乾燥試験(60度の温度、湿度20-30%) 4時間
 C:湿度試験(50度の温度で湿度95%)の環境に2時間

 ”A−B−C” のサイクルで、サイクル毎、約8時間、このサイクルを何時間、何サイクル
  実施したかで、その最終の状態で腐食、対環境性能を評価・考察します。。
 
   この複合サイクル試験方法(促進試験)は、鋼板の寿命・耐用年数を測る方法のひとつで、鋼板の
環境試験を10年、20年もできないので、時間を短くして厳しい条件の環境を与えて、測定する方法
です。 しかし、僅か 0.1%の成分の違いが、こんなに明確に耐用年数に現れるとは、正直驚きです。
ガルバリウム鋼板の方は、500時間後には、メッキ層の傷みが激しく、赤錆が現れています。 赤錆
とは鉄の酸化・サビなので、メッキ層の劣化が著しいことが見て取れます。 ガルバリウム鋼板のほう
で2000時間後のものは、メッキ層がほぼ完全になくなっています。 ジンカリウム鋼板の対環境性、耐用年数に対する優位性は確かなようです。
 
 

 ● 自然石粒化粧鋼板とは?

   ジンカリウム鋼板だけの屋根材は、現在販売されていません。 ガルバリウム鋼板の1.5倍から2倍もする鋼板は、市場的に売れるとは考え難いと思ったメーカーは、もう一工夫をしています。 ジンカリウム鋼板に砂粒をコーティングすることにより、更に性能の上がった屋根材を米国のメーカーが開発しました。
それが、自然石粒化粧鋼板、(英語名;Stone Coated Metal Roof)です。 その利点は? 
 
 

 ● ガルバリウム鋼板と比較した自然石粒付鋼板の有利点

   1:ガルバリウム鋼板が10年保証に対して自然石粒付鋼板は材料保証30年
   2:ガルバリウム鋼板は、運搬、施工時に材料同士の擦れで傷つき易かったが、自然石
   粒付鋼板は表面に細かい石粒がアクリルなどでコーティングの為、擦り傷が付きにくい。
   (長寿命化)
   3:この細かい石粒の為、雨の場合雨粒を表面で拡散し殆ど、雨音がしない
   4:表面加工の層が厚く頑丈なので、衝撃に強い、燃えにくい
 

 ● ガルバリウム鋼板と比較した自然石粒付鋼板の不利な点

   1:ガルバリウム鋼板に比較して材料費が高い(1.5倍ぐらい、それ以上)
   2:石粒のコーティングにより、材料が丈夫、ということは加工が大変
  、面倒で施工時間がかかる、費用がかさむ。 
   3:新しい屋根材なので、施工できる屋根屋さんが限られる。
   4:海外製品が大半だが、かつて韓国製、中国製の製品が粗雑であった。
   石粒のコーティングに問題があって、すぐに石粒が剥がれる事故が頻繁にあった
   職人には、あまり好かれていない材料。 メーカーを吟味する必要あり。

 

 ● 自然石粒化粧鋼板の製造会社  >>> 別紙へ 自然石粒化粧鋼板メーカー


 
このサイトのトップに戻る


     Nobilis Works 「屋根葺き替えお助け隊」/copy right all reserved