<img src="home1.gif" alt="ホーム1" />
お助け隊の
仕組み
お助け隊の
施工事例
スレート材から
の葺き替え
瓦屋根からの
葺き替え
 トタン屋根から
の葺き替え
瓦屋根の
葺き替え
葺き直し

屋根材
ガルバリウム
鋼板
ガルバリウム
鋼板
メーカー&製品

アスファルト
シングル
 
 自然石粒
化粧鋼鈑
 ジンカリウム
鋼板とは?
 ルーフィング
について1
 ルーフィング
について
その2
 屋根の断熱
について
 結露について
雨漏りについて
本体部から
雨漏り
について2
雨漏り
について3

 実際の見積
が欲しい
 屋根の構造、
施工方法
工事でやってはいけないこと
見積書の項目
チェックポイント
工事後チェック
屋根診断
 相互リンク
 運営組織
ブログRoof
屋根以外
のことも

工事種目:
 瓦、カラーベスト
 コロニアル、スレート材
 金属材料葺き替
 スレート材系屋根の
 復旧工事
 (美観再生工事)
 ガルバニュウム鋼鈑 
 カバー工法
 雨漏り修理・屋根修理
 屋根塗装
 屋根部防水工事
 外壁防水工事
 外壁工事


ルーフィングについて

アスファルトルーフィングとゴムアス

   ルーフィングとは、屋根の下葺き材で、下地材であるコンパネや野地板の上から被せ、屋根の仕上げ材から漏れてきた雨などの水滴を家の中に侵入させない為の防水機能をもったシートのことです。
屋根の一番上にあるものを仕上材といいますが、トタンや瓦であったり、スレートやガルバリウム鋼板などがこれにあたります。 しかし、これらの仕上げ材は、ところどころに僅かな隙間があり、完全に雨をシャットアウトする機能は仕上げ材にはありません。 実は、雨を部屋にまで入れないよう完全に防水をしているのは、このルーフィング(下葺き材)です。 もっと言うと瓦、スレート材、ガルバリウム鋼板などの仕上げ材がなくても、ルーフィングさえしっかりしていれば、雨漏りは起りません。 ルーフィングと下地を守るために仕上げ材があると言っても過言ではないくらいルーフィングは重要な材料なのです。
 認識を変えて頂けましてでしょうか? 
 
   
     

ルーフィングの施工

   
  ルーフィングは、タッカーで下地に固定 ルーフィングの下は下地材・・・この例は
合板ではなく、無垢の板材
(合板よりは、長持ちするが高価)

アスファルトルーフィングとゴムアスの違い

   結果から言うと、「改質アスファルト」のことを「ゴムアス」という場合もあると言うのが答えです。
では、アスファルトとは何でしょうか? 詳しく解説します。
 
   アスファルトは、原油を精製して最後にできる石油精製製品です。 道路の舗装用に使用されているアスファルトが、一般には知られていますが、太古の昔、ピラミッドを積み上げた石どうしの隙間にアスファルトを詰めて水が浸入するのを防いでいました、 日本では、縄文時代に土器や「鏃」(やじり)等を固定する「接着剤」「防水材」として長い歴史を誇る材料なのです。  
   屋根材として使われだしたのは、関東大震災以降で、紙にストレート・アスファルトを染み込ませたものを防水シートとして使用していました(現在は不燃布) しかしアスファルトそのものの融点は、50度Cと低く、真夏には非常に柔らかくなりすぎ、染み込ませた紙からアスファルトが染みだしてしまい、防水機能が著しく低下したり、冬は温度が低くなり(10度以下、氷点下)硬化して柔軟性が失われると、ヒビや亀裂が発生して防水機能がまた失われることになります。  
   これらの欠点を克服するために、アスファルトにゴム、合成樹脂、プラスチック、ポリマー等を添加し、高温でも溶解しにくく、低温でも硬化しない製品が、開発されています。 このストレート・アスファルトに混物をしたものを、「改質アスファルト」と言い、特にゴムの性質を強調したい製品ですと、ゴムアスファルトと命名したりします。 正確には、アスファルトにいろいろ添加したものが、「改質アスファルト」であり
ゴムアスファルトであるわけです。 屋根工事の世界では、アスファルトルーフィングといったらほぼ間違いなく、「改質アスファルトルーフィング」であり、「ゴムアスファルトルーフィング」(ゴムアスと略す)です。
問題は、一般名ではなく、そのルーフィング材が何を混合しているのか?どのような性能を持っているのかが重要になっています。 
 

ルーフィング材料に求められる性能

   屋根材としてのルーフィング(下葺き材)に求められる性能は、次の点です。  
   1:防水機能を長く持たせるために、夏の屋根表面温度は、70度以上にもなるので高温でも
   材料の性質が長期間(10年、20年のスパンで)変化しない材料であること。
 
   2:冬の温度は、氷点下にもなるので、この温度でも硬化せず、裂けたり、ヒビが入らないよう
   柔軟性を保ってくれる材料であること。 タッカーのはり、釘、ビスの錆びで大きくなった穴
   を埋める柔軟性を持つもの、またこの錆びの一部が失われて穴が筒抜けになったときでも
   ルーフィングは収縮して穴を塞いでくれる柔軟性をもつこと。(重要で難しい性能です)
 
   3:施工が容易であること、防水機能には直接影響はしませんが、施工性が悪く、施工中に裂けたり、施工するのに時間がかかる、など、業者さんに使ってもらわなければいくら性能が良くてもだめで、施工性が良い=施工ミスが少ない=雨漏りの事故が少ない・ ・ ・ につながります。  
     通常、お客様はルーフィングのメーカーや形名まで指定する方はいないので、どこの製品を選ぶの
   かは施工業者さんです。 実際に施工する業者さんのことも考えて製品を作らなければなりません
   このことも重要と思います。 値段が非常に高くても、やはり業者さんから敬遠されてしまいます
 

アスファルトルーフィングの耐用年数

   
   ● 上のグラフは、あるルーフィング製造会社の各種の下葺き材(ルーフィング)の予想耐用年数です
縦軸は、アスファルトルーフィングの硬化度、上方向が軟らかい、下に行くほど硬くなり柔軟性が失われていく様子を示しています。 単位がないのは困りますが現在の一般的に市販されている改質アスファルトで作られた、アスファルトルーフィングの耐用年数は、おおよそ20年と言われています。 赤のライン描かれたグラフに相当します。 黄色のラインは紙にストレート・アスファルトを染み込ませたもの、青いラインが、最高の耐用年数を誇っている、マスター・ルーフィング(田島ルーフィング社)です。
 使用しているアスファルトが硬化したから直ぐ様、雨漏りになるとは限りませんが、釘穴、タッカーの針の穴を埋めるのに十分な柔軟性があるのがグラフ中のピンクのところとすると、従来品はおよそ20年ぐらいで、柔軟性が十分にあるピンクのエリアから青いエリアになるところです。 これに対して、マスタールーフィング材料(青色のグラフ)は、従来品より3倍(60年)以上の長期に渡って柔軟性を持つことを言っています。 アスファルトルーフィングの主目的である雨漏りの防止機能からうすると、マスタールーフィングは、この実験では60年以上の耐用年数があると言えます。 
 ・ ・ ・ (あくまで促進実験による結果であって、実際に60年持ったという話ではありません)
 
   1: アスファルトルーフィング940(ストレート・アスファルト)を紙に染み込ませたルーフィング材は
    非常に短期間で硬化し、10年以内で雨漏りの可能性が出てくる。
 
   2: 従来の改質アスファルトルーフィング(不燃布を用いる)は、耐用年数が20年と言われているが
    ほぼ実験結果と一致する。
 
   3: マスタールーフィングの耐用年数は、この実験結果から、60年以上経過しても、柔軟性が残り
    タッカー、釘、ビスの錆びた穴の変化する大きさに合わせ、対応ができると期待できる。
 

 
このサイトのトップに戻る
Nobilis Works 「屋根葺き替えお助け隊」/copy right all reserved