<img src="home1.gif" alt="ホーム1" />
お助け隊の
仕組み
お助け隊の
施工事例
スレート材から
の葺き替え
瓦屋根からの
葺き替え
 トタン屋根から
の葺き替え
瓦屋根の
葺き替え
葺き直し

屋根材
ガルバリウム
鋼板
ガルバリウム
鋼板
メーカー&製品

アスファルト
シングル
 
 自然石粒
化粧鋼鈑
 ジンカリウム
鋼板とは?
 ルーフィング
について1
 ルーフィング
について
その2
 屋根の断熱
について
 結露について
雨漏りについて
本体部から
雨漏り
について2
雨漏り
について3

 実際の見積
が欲しい
 屋根の構造、
施工方法
工事でやってはいけないこと
見積書の項目
チェックポイント
工事後チェック
屋根診断
 相互リンク
 運営組織
ブログRoof
屋根以外
のことも

工事種目:
 瓦、カラーベスト
 コロニアル、スレート材
 金属材料葺き替
 スレート材系屋根の
 復旧工事
 (美観再生工事)
 ガルバニュウム鋼鈑 
 カバー工法
 雨漏り修理・屋根修理
 屋根塗装
 屋根部防水工事
 外壁防水工事
 外壁工事


屋根の断熱と結露

断熱について

 夏、屋根の表面温度は、日中は70度以上になります。 この熱を部屋まで伝えない為に断熱は、必要となります。 特に金属系の屋根材を使用した場合は必須と言っていいでしょう。 また屋根の大敵、結露はこの断熱と深い関係があり、屋根を長持ちさせるために良く材料と工法を吟味しなければなりません。

主に2つの断熱方法:

屋根の断熱方法は、主に2つあります。 
  1: 屋根断熱
  2: 天井断熱

  1は図1のように、屋根材とコンパネとの間に断熱材を挿入する方法で、屋根の葺き
  替え時によく施工するものです。 2の天井断熱は図2のように小屋裏(天井の上、
  屋根と天井の間の空間)に断熱材を施工する方法です。

   
 
図1 図2
 

図1: 屋根断熱

 

屋根断熱は、屋根材を葺き替えるときになどに施工することが多く、コンパネと仕上げ材(瓦、スレート、ガルバリウム鋼板など)の間に施工し、仕上材が太陽から受ける熱を下のコンパネ、コンパネを通して小屋裏に伝えないようにするものです。 この断熱材も仕上材に付随しているものや、別のシートとして、施工するもの、屋根の裏側に吹き付けるものなどがあります。
太陽からの高エネルギーの熱を小屋裏に伝えないようにするには、屋根断熱は効果てきです
特に、金属屋根を施工したら、金属の熱伝導率は非常に高いので、その熱を小屋裏、部屋に入れないためにも効果的な断熱材、工法をとる必要があります。 

また、小屋裏を納屋、ロフトにする場合は、天井断熱ができませんので、屋根断熱しか断熱の方法はありません。 


 

図2: 天井断熱

 

天井断熱は、部屋と屋根、小屋裏とを断熱します。 非常に高効率の断熱性能が得られ、夏のエアコンの冷気を部屋に閉じ込め、屋根からの暖気をシャットアウトします。冬は暖房の暖気を逃がさず、屋根、小屋裏からの冷気を部屋に入れません。 本来断熱の目的は、夏は部屋の冷気を逃がさず、冬は部屋を暖かく保つことです。 天井断熱は部屋の断熱ですので、屋根断熱より断熱する体積は小さくて済みます。 つまり屋根断熱は、居住空間として使わない小屋裏までエネルギーを確保しないといけないので、効率が良いとは言えないのです。

ですから、私は屋根の葺き替え時の断熱には、天井断熱をお薦めいたします。 理由は:

    1: 部屋だけの断熱なので、熱効率(夏でも冬でも)効率が良い
    2: 屋根断熱は、冬、図からもわかるように換気口から暖気が逃げてしまう。 
    3: 後述する結露を防ぐという機能にも有利
    4: 屋根を葺き替えた後でも施工が可能。 (屋根とは別もの)
       (屋根断熱をして不十分でも追加の断熱として施工できる)
    などの理由によります。 


  結露について ⇒
 
このサイトのトップに戻る


         Nobilis Works 「屋根葺き替えお助け隊」/copy right all reserved