<img src="home1.gif" alt="ホーム1" />
お助け隊の
仕組み
お助け隊の
施工事例
スレート材から
の葺き替え
瓦屋根からの
葺き替え
 トタン屋根から
の葺き替え
瓦屋根の
葺き替え
葺き直し

屋根材
ガルバリウム
鋼板
ガルバリウム
鋼板
メーカー&製品

アスファルト
シングル
 
 自然石粒
化粧鋼鈑
 ジンカリウム
鋼板とは?
 ルーフィング
について1
 ルーフィング
について
その2
 屋根の断熱
について
 結露について
雨漏りについて
本体部から
雨漏り
について2
雨漏り
について3

 実際の見積
が欲しい
 屋根の構造、
施工方法
工事でやってはいけないこと
見積書の項目
チェックポイント
工事後チェック
屋根診断
 相互リンク
 運営組織
ブログRoof
屋根以外
のことも

工事種目:
 瓦、カラーベスト
 コロニアル、スレート材
 金属材料葺き替
 スレート材系屋根の
 復旧工事
 (美観再生工事)
 ガルバニュウム鋼鈑 
 カバー工法
 雨漏り修理・屋根修理
 屋根塗装
 屋根部防水工事
 外壁防水工事
 外壁工事




  スレート系(カラーベスト、コロニアルなど)からの葺き替え
 

石綿・アスベストにセメントを混ぜて作ったカラーベスト、コロニアルなどの石綿セメント薄板の葺き替えには、ガルバリウム、アスファルトシングル、自然石粒化粧鋼鈑、カラー鋼鈑などの金属材料等が使用できます。


  スレート材料の葺き替えには、大きく2つの工法
 

 1: 既存スレートの撤去後に新しい屋根材料を葺き替える
 2: 既存スレート材料を撤去せずにその上から新しい屋根材料を葺く


 

1:既存屋根材料の撤去後に新しい屋根材料を施工するには、スレート材料の処分費がかかります。また、スレート材料は、石綿(アスベスト)をセメントで高圧圧縮して作られたもので、アスベストの処理処分が必要になります。 隣り近所の迷惑対策はもちろん、アスベストが飛散しない様対策が求められます。 この処理、家を取り壊す際には必ず必要ですが、それを今やるか家を取り壊すまでやらずにしておくか決めなければなりません。


 

2番目はカバー工法といい、既存の材料を撤去せずにその上から新規の屋根材料を葺き替える方法です。 以下にその利点を挙げておきます。

   A: 既存の材料を撤去する費用がいらない。 材料の処分費もかからない。
   B: 金属材料で葺き替えるなら重量も軽いので屋根の負担が少ない。
   C: 既存の屋根材があるので、断熱、遮音の効果に有利である。


  カバー工法をやっては、不都合な場合:

コンパネがかなり腐食・含水して、ぶかぶかな場合は、上の屋根材料が釘でとまりません。
一番上の屋根材料が、釘で施工しなければならない材料を使用する場合は、カバー工法は使えません。(コンパネor 野地板、防水シートを全部剥がして全部やり直しの場合もありえます)

 

スレートの上にスレートは被せられません。 スレート材は割れやすいので、下のコンパネがしっかりしていないと、人が上に乗ったとき沈んで材料が割れてしまいますので、基底となるコンパネ(野地板)がしっかりしいないと施工が困難です。 また材料によっては新規にコンパネを施工したところでないとメーカー保証がでないこともあります。

 

スレート材料の上からコンパネ・防水シートなどを施工すると、換気棟がない場合は、湿気が抜けず、水分が下に行って雨漏りの原因になったりするので、屋根の状態(特にコンパネや、屋根の骨格とも言うべき垂木の状態)をよく調べて施工する必要があります。



  既存の材料を撤去する方法と、カバー工法での葺き替え価格の比較:
 

     新規の屋根材料は、普通のガルバリウム鋼板を使用し足場込の価格比較
     下記のような具体的な家を考え、概算金額を出してみました。 
     価格は、典型的な相場例で、その価格を保証するものではありません。
     あくまでもカバー工法の価格面での優位さを知ってもらいたいためです。


  サンプル家

4人家族の住む家:
木造2階建、4LDK、延床:131u
建坪73.3u(22.1坪)
スレート葺き屋根、築25年
屋根勾配4寸
高さ7m、屋根の形:棟寄
軒の張り出長:約75cm
屋根の面積: 110.2u
足場の必要面積: 250u 


   

単価

撤去する工法 

カバー工法

 スレート材料の
 撤去費

\2,000/u \220,000  −

 撤去したスレート
 材の処分費

\50,000  \50,000  −

 ルーフィング
 (防水シート)

\600/u \66,000 \66,000

 ガルバリウム鋼板
 の材料・施工費
 (一般の鋼鈑)

\5,000/u \551,000 \551,000

 軒、棟、けらば部分
 他、材料・施工費

\50,000

\50,000 \50,000

 足場費用

\1,000/u

\250,000 \250,000

会社管理費・諸経費

\70,000 \70,000 \70,000
\ 1,257,000 \987,000

 

このように、カバー工法にて工事を行ったほうが、既存の屋根材を撤去するより2割から3割ほど、価格面での優位さがでます(100uの屋根面積での積算例)



  屋根材料: 既存の屋根材の上には、どの屋根材料がいいか?
 

次に、問題になるのは、屋根材料です。 
まずスレート(カラーベスト・コロニアル)の上に同じスレートを重ねることは、上の理由からできません瓦も無理です。 何故ならスレートの重みで家の設計をしているので、スレートより10倍も重い屋根材料を使用することは家の構造を強化しない限りできません

で、この場合のお薦めの屋根材料は、下記のものがあります。 (随時追加)


  ガルバリウム鋼板

  アスファルトシングル材

  Stone Coated Steel (自然石粒化粧鋼鈑)


 


このサイトのトップに戻る
  補足: スレート材料:
 

スレート材料:
一般に、商品名である、カラーベスト、コロニアルの名称で知られている薄型スレート材です。
材料は、石綿とセメントを混合し高圧力をかけて成型した材料です。 石綿(アスベスト)入りで問題でしたが、最近は、石綿以外の材料で代替えが進んでいます。 安価であり広く施工されました。

@ 耐用年数: 一般的には、20年と言われています。 (メーカーは、30年たつ物件もあると
   言いますが、条件のいいところに限られると思います)
@ 日本のメーカーは、最大手KMEW (クボタと松下電工の合併会社)
@ 重さ: 約70kg/坪(21kg/u)で、30坪(100u)の屋根で、約2トン
@ 耐用年数をすぎた材料は、割れ、ひびができ上に乗っただけでパリパリと割れてくる。
@ 安価・施工がし易い。 
@ 間違った塗装をすると、雨漏りの原因になる。(材料の重ね部分を完全に塞いでしまうと
   屋根の水分、湿気が排出されず材料の劣化を起こしそのままだと雨漏りの原因になる
   場合もある)
@ 縁切りなど適切な処置をして施工しないと上記のようなトラブルになる。

        Nobilis Works 「屋根葺き替えお助け隊」/copy right all reserved