<img src="home1.gif" alt="ホーム1" />
お助け隊の
仕組み
お助け隊の
施工事例
スレート材から
の葺き替え
瓦屋根からの
葺き替え
 トタン屋根から
の葺き替え
瓦屋根の
葺き替え
葺き直し

屋根材
ガルバリウム
鋼板
ガルバリウム
鋼板
メーカー&製品

アスファルト
シングル
 
 自然石粒
化粧鋼鈑
 ジンカリウム
鋼板とは?
 ルーフィング
について1
 ルーフィング
について
その2
 屋根の断熱
について
 結露について
雨漏りについて
本体部から
雨漏り
について2
雨漏り
について3

 実際の見積
が欲しい
 屋根の構造、
施工方法
工事でやってはいけないこと
見積書の項目
チェックポイント
工事後チェック
屋根診断
 相互リンク
 運営組織
ブログRoof
屋根以外
のことも


何故安くなるのか?

  世の中に、工務店、建設会社、ハウスメーカーが、住宅を作っています。
その会社は、我々の住宅の基礎をつくり、柱を立て、屋根をつくり、壁をつくり床をつ
くり窓を取り付け、天井をこしらえ、ドアを取り付けてくれます。
では、実際にそれらを施工しているのは、工務店の社員でしょうか?そうではないで
すね。では、実際に施工しているのは誰でしょうか? その会社の下請けさんもしくは、提携業者さん達です。 彼らは工務店や建設会社から仕事をもらい、元請会社のために働いているのです。 工務店や建設会社は、派手に住宅展示場や広告を出し社員のための総務、庶務、経理などいろいろな管理組織を持っています。この経費を捻出するために、どしても高くならざるおえないのです。

工務店や建設会社の原価は、およそ60〜70%と言われています。つまり下請けには、通常の値段の6〜7割の値段で依頼しているのです。聞くところによると、住宅展示場の一棟の経費をある会社は、お客様から計算上、一件あたり約100万円の負担をさせていたということです。(住宅展示場の経費は当然我々消費者が負担するのです) しかし、私は工務店や建設会社が全面的に悪であるとは思っていません。

もし、一戸だての家を新築したいとき、工務店や建築会社に頼まずに各工事業者
ご自分で1件づつ業者さんと契約して工事をやりますか?
まず、地上げ、そして基礎屋さんに、基礎をお願いし、大工さんに柱、張り、家の基本構造体。 屋根屋さんに屋根、壁屋さんに、内装屋さんに・・・・・
その工事の工程に従って、スケジュールを管理しなければなりません。
自分が仕事を持っていたら不可能とは言いませんが、とても無理です。
工務店、建設会社には、それなりの存在意義があると思います。でも、単品の工事
まで、同じ利潤をもっていかれては”たまらない”と いちユーザーとして、言いたいの
です。 

もう家を建ててもらった工務店、建設会社に頼るのは、やめませんか! 
インターネットの時代です。 腕のいい、まじめで下請から独立しようとしている屋根
屋さんは日本全国にたくさんいます。 その方たちに、いい仕事をしてもらいたいのです。工務店、建設会社に依頼するより確実に20%以上価格が、安くなるのは、こうゆう理由です。 

  是非、この機会に、ここの屋根屋さんに見積りを依頼してみてください!!
<img src="kokowokurikku.jpeg" alt="ここをクリック" />

このサイトのトップに戻る

     Nobilis Works 「屋根葺き替えお助け隊」/copy right all reserved