<img src="home1.gif" alt="ホーム1" />
お助け隊の
仕組み
お助け隊の
施工事例
スレート材から
の葺き替え
瓦屋根からの
葺き替え
 トタン屋根から
の葺き替え
瓦屋根の
葺き替え
葺き直し

屋根材
ガルバリウム
鋼板
ガルバリウム
鋼板
メーカー&製品

アスファルト
シングル
 
 自然石粒
化粧鋼鈑
 ジンカリウム
鋼板とは?
 ルーフィング
について1
 ルーフィング
について
その2
 屋根の断熱
について
 結露について
雨漏りについて
本体部から
雨漏り
について2
雨漏り
について3

 実際の見積
が欲しい
 屋根の構造、
施工方法
工事でやってはいけないこと
見積書の項目
チェックポイント
工事後チェック
屋根診断
 相互リンク
 運営組織
ブログRoof
屋根以外
のことも

<img src="saito_toiawase.jpeg" alt="Nobilis Works_電話0120-58-
工事種目:
 瓦、カラーベスト
 コロニアル、スレート材
 金属材料葺き替
 スレート材系屋根の
 復旧工事
 (美観再生工事)
 ガルバニュウム鋼鈑 
 カバー工法
 雨漏り修理・屋根修理
 屋根塗装
 屋根部防水工事
 外壁防水工事
 外壁工事

 ■ 怪しい「ゼロ円屋根修理業者」

お客様ご自身で保険申請ができます 
屋根修理業者、屋根屋が保険申請することはできません
屋根屋が火災保険申請の為の破損箇所写真を撮ります。 通常の見積・現地
調査の一環です。見積は無料。何ら手数料も発生しません。
しかし、「ゼロ円屋根修理業者」は多額の手数料がかかります。

ゼロ円(無料)屋根修理という業者の仕組み、手口

 通称「無料屋根修理業者」、「ゼロ円屋根修理業者」彼らは、調査無料、保険申請も無料と言いながら保険金が下りたら、その保険金の30%〜40%もの多額の手数料を取ります。 無料ですか? とんでもないです。 これが彼らの言う無料屋根修理の実態です。 決して無料などではありません。 最近サイトの名前を変えて、またあちこちにはびこっています。 この手の業者に調査・修理を依頼するのは非常に問題で、保険金額の水増し請求をしているのが通常であり。 (請け負う条件として、2階建であると足場をかけなければならないのですが、この足場代を水増しし、実際の工事では足場を使わないで施工するなど、彼らの儲けを自ら作っています) これは保険金詐欺にあたり、当然この事実を知っている訳ですから、お客様も保険金詐欺として起訴される可能性があります。
 「ゼロ円屋根修理」とは、火災保険の風災条項を利用して、屋根の損害を保険請求するというやり方で保険会社に保険金を請求します。 彼らの儲けの手口を上図の例で解説すると、保険金が、100万円下りたとしましょう。 しかしその保険金全額が屋根修理店に支払われるのではなく。 保険調査会社、仲介会社が、手数料(名目はいろいろ)を30%〜40%、2012年当時で、最高46%もの手数料を請求していました。 そして、その屋根修理は、その会社に依頼する旨、調査依頼時に約束させられます。他に工事の相見積が取れないように縛り、修理費用が保険金では不足すると、修理の品質を落としたり、お客様の支払いになります。 無料とは全く無縁の屋根修理になっています。 下りた保険金もこれはお客様のお金です。 それを実質無料とか言っているのは、言葉の騙しに他ならないです。

■火災保険の申請は、お客様がやらなければならないですし、難しくないです。

 基本的に火災保険会社に風災の損害申請は、お客様ご自身でしないと受理されません。 そこを代行
する目的で、修理の仕事を約束させて、更に手数料をとろうとする輩たちです。 
保険の申請は、簡単な記入
と、屋根屋の修理見積、証拠の写真があれば完成します。 書き方は、サイトにありますので参照してください。 
 保険申請の実際例例: URL: http://goo.gl/9E7N7c
 申請のやり方の解説: URL: http://scorciatoia.com/gutaiteki_na_koto/index.html 
に載っています。

■火災保険の申請手続きは、お客様と屋根屋の見積・写真だけでできます。

 変な会社に依頼しないで、保険の代理店とも相談して、代理店は、成る可く保険金をださないようにする敵にみたいに言う方もいますが、一番の敵は、「ゼロ円屋根修理業者」です。 変な手数料など取られないよう気をつけてください。 彼らのやっていることは、違法ではありませんので、警察に相談してもだめですが、「何か変??」と思ったら、
「国民生活センター」や、「屋根工事お助け隊」へ電話:0120−58−1152まで!!

■保険金を引き出すのに、別に特別なノウハウなどありません。

保険金を効率良く引き出すのに特別なノウハウがあるように言いますが、別に大きな技がある訳ではありません。 足場をかけるように申請して、実際は足場をかけないで工事をしてしまうとか、瓦のずれだけでも保険金は下りるとか、など大したものは、ありません。すこし頭を使えばだれにでもできるノウハウです。 一番重要なことは、下りた保険金もお客様のものですし、保険金が下りてからゆっくり屋根屋から相見積をとれば良いのです。 保険申請の為見積をもらった屋根屋に義理立てするかどうかは、お客様の自由です。 もし、その屋根屋に悪いと思ったら、そこに依頼しても良いですし、相見積を取って別の屋根屋に依頼しても全く問題ありません。 始めからそんな屋根屋を騙すことがやな場合は、ご自身で屋根屋から見積を取って火災保険の申請などは黙っている。 申請用の写真も自分で撮って、申請書類を自分で作ることも可能です。保険金が下りたときは、相見積を取って一番安くて信用できる業者に依頼すれば良いのです。 これが普通のやり方です。 写真を撮ることが少し難しいかもしれません。 

このサイトのトップに戻る
       Nobilis Works 「屋根葺き替えお助け隊」/copy right all reserved