<img src="home1.gif" alt="ホーム1" />
お助け隊の
仕組み
お助け隊の
施工事例
スレート材から
の葺き替え
瓦屋根からの
葺き替え
 トタン屋根から
の葺き替え
瓦屋根の
葺き替え
葺き直し

屋根材
ガルバリウム
鋼板
ガルバリウム
鋼板
メーカー&製品

アスファルト
シングル
 
 自然石粒
化粧鋼鈑
 ジンカリウム
鋼板とは?
 ルーフィング
について1
 ルーフィング
について
その2
 屋根の断熱
について
 結露について
雨漏りについて
本体部から
雨漏り
について2
雨漏り
について3

 実際の見積
が欲しい
 屋根の構造、
施工方法
工事でやってはいけないこと
見積書の項目
チェックポイント
工事後チェック
屋根診断
 相互リンク
 運営組織
ブログRoof
屋根以外
のことも

<img src="saito_toiawase.jpeg" alt="Nobilis Works_電話0120-58-
工事種目:
 瓦、カラーベスト
 コロニアル、スレート材
 金属材料葺き替
 スレート材系屋根の
 復旧工事
 (美観再生工事)
 ガルバニュウム鋼鈑 
 カバー工法
 雨漏り修理・屋根修理
 屋根塗装
 屋根部防水工事
 外壁防水工事
 外壁工事

雨漏りしない屋根材ってあるの? 

  このエントリーをはてなブックマークに追加    
   ■ルーフィングには、タッカーというホチキスの大きいものを使います  
   ■仕上げ材の固定には、ビス、釘が使われています  
 
  これってつまり屋根に穴を開けているのでは?  
  その通り、ルーフィングは、タッカーというホチキスで下地材に固定します。 カラーベスト、コロニアル、ガルバリウム鋼板、ジンカリウム鋼板、など仕上げ材は、釘やビスを使ってこれも下地材に固定します。 釘やビスは、仕上げ材を貫通し、つまり仕上げ材に穴を開けることをしています。  

 一般木造住宅の屋根の施工方法;

   木造住宅の傾斜のある屋根での防水材、及び仕上げ材(カラーベスト、コロニアル、ガルバリウム鋼板など)の施工方法は、釘やタッカーを使用して、野地板に固定するのが、極当たり前になっています。  
  ●ルーフィング材(防水材)は、タッカーで固定する(点固定) 1mm以下の太さの針(ホチキスの針です)でルーフィングを下地材であるコンパネに打ち付けて固定します、。 針が太いと劣化時に雨漏りになりますので、錆びにくい、細くて丈夫なものを使用します。 数百箇所打ち付け。  
  ●スレート材、ガルバリウム鋼板は最近はステンレス製のスクリューネジ、ドリルねじ(電動のドライバーを使って固定)を使用しています。 屋根材、ルーフィングとも貫通させ、下地材に向かって固定します。  
  ●瓦もひっかけ桟工法の場合は、下図のように、桟木は釘(鉄製)を使用して、下地に固定します。  

 雨漏りを起こしている現場;

 ・瓦を撤去したら、桟木が釘で固定されており
  釘の錆びから穴が大きくなり漏水したと、強く
  疑われる箇所、釘が錆びていて、ここに水が
  頻繁に滞留していたと考えられる。
 セメント瓦の下は、ルーフィングの劣化が激しく
 タッカーの跡が穴が開くというよりは、針の箇所
 が、引き裂かれている。 明らかにここからの漏水

   釘やタッカーを使うことが雨漏りの大きな原因だとしたら、どうやって工事をすれば良いのか?
工事屋さんは、困ります。 でもこの方法で工事をして、ルーフィングの耐用年数は20年程度なのです
 

 雨漏りを起こす原因は、ルーフィングの劣化;

   屋根の防水機能が失われると、雨水が屋根の中に侵入します。ではルーフィングの劣化って、どういうことなのか?・・・ 実はルーフィングは日本で販売されているもの全てJIS規格製品であり、このJIS規格の検査・検査に合格することが必須です。そしてこの試験項目の中に、ルーフィングに釘を貫通させ、漏水がないか測定します。このような検査に合格したものだけが出荷されています。 
 ・詳細は、このサイトの「雨漏りについて本体部から」「ルーフィング」を見てください・
 

   この問題を解決する方法は; 自着式ルーフィングと釘、ビスを使わないアスファルトシングルの組み合わせ工法を採用すれば、この問題は一挙に解決します。 ルーフィングは、一般のルーフィングの耐用年数を超えて(20年)長持ちすることが期待できます。・・・保証ではないですが。  
   自着式のルーフィング+アスファルトシングルの組み合わせの大きな利点  
   ●釘、ビス、タッカーなど屋根に穴を開ける部品は一切使用しません。   
   ●屋根に穴を開けないので耐用年数が伸びます   
   ●釘、ビス、タッカーは「点」での固定ですが、接着剤はかなり広い面での固定ですので、安定。
  きちんと規定の接着作業をすれば、釘やビスなどより強固な接合になります。
 

   自着式のルーフィング;  
 タッカー、釘を使わないルーフィングの施工中の例
接着剤を塗ってあるほうを下にして、保護紙を剥がしながら、貼っていきます。 この自着式のルーフィングは釘、タッカーなどを一切使用しないで、下地材に専用の接着剤にて、固定しますので、ルーフィング自体に穴を開けることがなく、雨漏りの遠因・原因をつくりません。
メーカー:七王工業株式会社
の自着式ルーフィング
メーカー:田島応用化工株式会社
の自着式ルーフィング

 アスファルトシングル;(接着工法)  
 シングル材の施工途中; 軒先から施工 柔軟性があり、曲がります
曲線の面など複雑な面でも施工できます 

     トタン、スレート、ガルバリウム鋼板のように、屋根との固定に釘、ビスを使わず、専用のセメント(専用接着剤)を使用しますので、ルーフィングに穴を開けずに施工が可能です。 雨漏りの原因・遠因となるルーフィングに穴を開けることがないので
雨漏りの可能性が長期間で、かなり軽減します。 
   田島ルーフィング; 「三星シングル」:
 三星シングル専門工法: 東日本、西日本三星シングル工事協同組合が発案したもので、三星シングルの特長をあらゆる建物に生かすことのできる各種工法の総称。 特に「ガムロン」による自着工法や急勾配における独自の接着工法などは、その実績でほかの追随を許さない画期的工 
 
   オーエンズコーニング; 「オークリッジPro」:
 30年という長期製品保証(制限付)がつきます。 この製品は米国規格の各種試験でトップクラス の性能が証明されています。 
 

   同様に、釘、ビスなどを使わないアスファルトシングルと
自着式のルーフィングの組み合わせは屋根に穴を一切開けません。
雨漏りのない、又は、経年劣化による雨漏りの可能性をかなり低下させた、
長寿命の工法、材料の組み合わせになります。
   自着式ルーフィングと接着剤にて施工するアスファルトシングルは、屋根に穴を開けません。
 この工法は、雨漏りしない工法として、現在最強のタッグになります。 お問い合わせください。
このサイトのトップに戻る
       Nobilis Works 「屋根葺き替えお助け隊」/copy right all reserved